« 2014年12月 | トップページ

2015年1月

またいつか...

ジュンギ君のいろんな情報をここでご紹介し

訪問してくださるみなさんと一緒に楽しく過ごしてきましたが

ずっとずっと前から、このブログを終わりにしようと思案していました。

ジュンギ君の最新情報などに疎くなってきて、ファンと言いながら知らないことも多く

訪問してくださるみなさんには役に立たないブログであったと思います。

阪神大震災から20年目の今、ちょうどいい機会かなと思いまして

ここで一旦終わりにします。

私は自分の言葉で自分の感じたことを語っていきたかったのですが

快く思ってない人たちもおられたようです。



イ・ジュンギという名前を知らない人が世界中にいないくらい彼には成長してほしい。

ハリウッドに行きたいと大口を叩いているけど、夢で終わらせないで

絶対にハリウッドでも活躍してほしい。

いつかオスカーにノミネートされ、アカデミー授賞式の会場で待つ

ジュンギ君を見たいから。

先日12月31日のKBS演技大賞のように...

なので、ジュンギ君に厳しい意見も書きました。

いつまで歌って踊るアイドルをやっているんだと...

いろんな応援の方法がありますが、私のスタンスが不愉快に思われるなら

このブログはスルーしてくださいね、と何度も書きました。

その言葉はスルーされ(笑) 辛辣なご意見も少なくなかったです。

もうこのブログはなくなりますから、ご安心ください(笑)



そして何より...本当につらかったです。

”無関心が最大の攻撃”という言葉をどこかで読みましたが

”無関心” これほど悲しくて怖い言葉はありません。

やり直せるなら過去に戻ってもう一度やり直したいです。

いつかは穏やかな気持ちで思い出す日が来るでしょうか...

自分の蒔いた種は良い種も悪い種も返ってくる”因果応報”

私が蒔いた種はいろんな形で返ってきています。

良い勉強です。

私も深い痛みを受けました。









約4年10カ月、本当にお世話になりました。

後期は暗い内容ばかりで申し訳なかったです。

次のブログは現在模索中です^^

新しいブログでも今の私のスタイルは基本変わらないと思います(笑)

ひっそりとやっていくつもりですので(笑)ここにはお知らせいたしません。

ご了承ください。

みなさん、今まで訪問してくださってありがとうございました。

どうぞお元気で。

鎮魂

阪神淡路大震災が発生してから20年目の今日。

私の家族・親戚たち・友人・知人たちに大きな被害がなかったのは

不幸中の幸いでしたが、残念ながら大勢の命も奪われました。

私はこの20年間、その人たちに恥じない人生を生きてきたかしら...

この先、あと何年生きれるかわかりませんが

自分が生かされている意味をもう一度感じて、感謝して日々を過ごしていきたいです。

そしてもう、大切な人たちをなくさないためにも...

犠牲になったみなさん、ご遺族のみなさんへ、ご冥福をお祈りいたします。

08

聖子ちゃんの「瑠璃色の地球」ですが、今日は芳雄ちゃんバージョンをお聴きください。

朝日が水平線から光の矢を放ち 二人を包んでゆくの 瑠璃色の地球

夜明けの来ない夜はないのです。

王の涙―イ·サンの決断―

あらすじは...book

名君として名高い李氏朝鮮第22代国王イ・サンの暗殺計画として、1777年7月28日に起こった「丁酉逆変」を史実とフィクションを巧みに交えて映画化。理想を抱きながらも暗殺の危機に怯えていた若き王が、偉大なる王へと成長していくきっかけとなった運命の一日を描いた。宮廷内の最大派閥である老論派の陰謀により、幼い時に父を殺され、25歳で祖父から王位を継いだイ・サンは、陰謀渦巻く宮廷内で常に命の危険を感じていた。それでも、理想の治世を実現しようと老論派の排斥に動き出すが、そんな彼に対して、老論派は当代一と言われる刺客ウルスを使い、暗殺を企てる。

1777年7月28日。午前3時。李王朝の第22代の国王に、イ・サン(ヒョンビン)が即位して1年後。イ・サン暗殺を企てる勢力に、満足に寝ることもできないイ・サンだが、日々、体を鍛えている。イ・サンの身辺を守るのは、去勢された官吏のカプス(チョン・ジェヨン)である。

午前4時。イ・サンは、亡き先王の霊殿に詣る。護衛を務めるのは近衛隊長のホン・グギョン(パク・ソンウン)である。過激なホン・グギョンは、老論派のク・ソンボク将軍(ソン・ヨンチャン)の打倒が、主君を守ることと考えている。何者かが、「今日、主君を殺せ」と、紙に書く。イ・サンは、先王の後妃ワンデビ(ハン・ジミン)に挨拶する。表面では、義理の息子イ・サンの体調を気遣うワンデビだが、内には野心を秘めている。ワンデビの指示があれば、老論派による国王暗殺計画が実行されることになっている。

530x755x9a3c2f224344d980f3dc30ed

ヒョンビンが除隊後初の映画ですが、原題が”逆鱗”なのに

邦題は”王の涙 イ・サンの決断”と大幅に変更されています。

映画が始まる前に、イ・サンを取り巻く老論派や先代王と老論派の確執

イ・サンの父の死についての解説があり、李王朝の歴史に明るくない私のためには

とてもありがたかったのですが、

私は絶対原題の”逆鱗”の方がこの映画のタイトルにふさわしいと思いました。

日本人にわかってもらうためのタイトル変更かな?

映画を最後まで見て”イ・サンの涙”という意味はわかりますが。

今まで祖母に遠慮して我慢して我慢して、そしてついにイ・サンの逆鱗に触れるという

ストーリとなっています。

E1419412266004_3

すでに見たドラマ”イ・サン”を思い出しつつ、今回の映画とも比較しながら

面白く視聴できましたよ。

まずは久しぶりの演技者としてのヒョンビン。

時代劇はお初だそうですよwink

なんとまぁ、立派になって~~heart04

”キム・サムスン”のときや”シガ”のときの甘い雰囲気も残しつつ

男臭さ満載で帰ってきてくれましたよhappy02

そしてやっぱり男前!lovely

500x750x9a3c2f224344d980f3dc30

映画冒頭ではヒョンビンことイ・サンが体を鍛えるシーンから。

ファンへのサービスショットheart04 うん。間違いないわheart04

素晴らしい逆三角形、広い背中に引きしまったウエスト。

ああ~んheart01 ダメよ~ダメダメ~heart01happy02heart01

4a4b1d07c9ba45ffffbe16f84beb36e9
Cinemacafenet_27834_0

イ・サンの祖母貞純王后役のハン・ジミンちゃん。

大好きな女優さんですが、今回は悪役なのです。

Yeoklin_image8

まだ10歳の女官に恐怖を与えまくる女帝ですな...

500x750x9a3c2f224344d980f3dc30ed

イ・サンの母役は”イルジメ”でイルピョンタニ役のキム・ソンリョンさんでした。

E1419412266004_6

息子を守る母と孫を殺したい祖母。

この2人の間にあるバチバチ感、ハンパないっす...coldsweats02

李王朝の歴史に詳しい方や、ドラマ”イ・サン”をご覧になった方ならご存知ですが

祖母と言っても先代王の祖父である英祖の後妻の貞純王后。

まだ10代の頃に英祖に嫁いできた、何というか家のために結婚したわけで

まだまだ若いですから、いろんな策略を立てるわけです。イ・サンの暗殺までも...

ただ残念ながら、ハン・ジミンちゃんが可愛いすぎてあまり怖さを感じなかったのねcoldsweats01

ジミンちゃんがまたイ・サン関連の作品に出演すると知ったとき

絶対に中殿(妃)役だと勝手にcoldsweats01 思ったけど違ったわ。

ドラマ”イ・サン”では、身分を乗り越えサンの側室になるソンヨン役。

W5_s

ホントに可愛かったわ~happy02

映画に話を戻しまして...

この映画でイ・サンのお世話をする宦官カプス役チョン・ジェヨンさん。

良かったです。とても良かったgood

E1419412266004_2_2O0491069113096684554_2

イ・サンの影となり支えとなり、イ・サンが唯一心から信頼しているお世話係りですが

彼にはものすごく大きな秘密がありました。

それがイ・サンにバレてしまいます。

このイ・サンとカブスのシーンは泣けて仕方ありませんでした。

しかしイ・サンは許すんですね。ホンマにエエ王さんですわ。

カブスには壮絶で悲しい過去があり

何があってもイ・サンのそばにいなければならない理由があったのです。

そして弟分だったウルスとの再会。

映画の終盤、刺客としてイ・サンに近づくウルスと、制止しようとするカブスには

涙・涙でしたsweat02sweat02sweat02

劇中のイ・サンの穏やかな笑顔。

カブスとのやり取りのシーンは、見ていてなぜか幸せになりました。

ヒョンビンのエクボ!健在だわ!

このエクボにどれだけの女性が心奪われたことでしょうか~heart04 あれ~~lovely

B4qv0ocyaa6zea_2

またまた話が反れますが、ドラマ”イ・サン”のサン役のイ・ソジンさんも

エクボ炸裂でしたよねhappy02

Img075b6158zik4zj

で...告白しちゃいますが...

私にとってのイ・サンはやっぱりイ・ソジンさんなのですsweat01

ヒョンビンもとても男らしく素晴らしいイ・サンでしたが

イ・ソジンバージョンのイ・サンを最初に見たため、もう頭にインプットされてしまってcoldsweats01

ヒョンビンファンのみなさん、ごめんなさいねsweat01

何にでも感化されやすい私。ダメですねぇ...bearing

E1419412266004_1

ヒョンビンのイ・サン。

王としての存在を知らしめるため、ただ静かにゆっくりと思慮深く計画を立て

そして何より許す王なんだなと感じました。

許す人は強い、そして優しい。昔も今も。

また、許す人は”魂が美しい”とも聞きました。

最近のいろんな経験から、私も許せる人間になりたいと思いました。

許せるって言い方は少し横柄かもしれませんね。

言葉にすると難しいですが、いろいろなことがあるけれど

そのいろいろなことを許して、自分が生かされている...最近そう思います。

自分はそう思ってるけど、でも真心は必ず通じると思います。


”王の涙”ですが、PG-12の注意書きがあり、最初はビビって見ましたが

迫力あるさまざまなシーンはやはりビビりますcoldsweats01

かなりのバイオレンス作品ですので、ご覧になられる方はご注意をwobbly

ヒョンビンとハン・ジミンちゃんは今、ドラマでも共演していますね。

SBSの”ハイド・ジキル、私”というタイトルで1月から。もう始まっているのかな?

日本でも早く見たいですね。

O0800042013178015731

ジミンちゃんはぜひジュンギ君とも共演してほしい女優さんです。

いつか必ず実現してほしいのだ!




毎日寒いですね。

しっかりと防寒なさって、今日も良い一日をお過ごしください。

いつもありがとうございます。

shanghai!

上海!と叫んでジュンギ君は旅立ちましたairplane

”シチリアの太陽の下で”の撮影のためかな...

Web_607152023_4c4f9d31_screenshot_2

空港の様子をゲルからいただきました。

中国の空港でしょうか...

2943916292_3f1ce64f_img_20150105_15
2943916292_9acb1825_img_20150105_15
2943916292_282c6635_img_20150105_15
2943916292_648d7ad0_img_20150105_15
2943916292_a8b1d148_img_20150105_15
2943916292_c1f96155_img_20150105_15

こちら↓は12月31日のKBS演技大賞のジュンギ君。

背筋がスッとして、立ち方も後ろ姿も凛々しくて美しいですねheart02

2105866136_0768003b

ゲルにあった動画をお借りしました。

後ろの客席にいるファンたちに応えるジュンギ君。

今回の授賞式でジュンギ君がファンによくしているポーズがあるのですが

親指と人差し指をスリスリさせる仕草。

何?何?と思ってて、동생ちゃんに聞いたら

「あれは小さいハートを指で作っている仕草で、K-POPの子たちもよくやっているよ。」

とのこと。

ほぉ~wobbly おばちゃん知らんことが多いですわcoldsweats01

会場では、ジュンギ君のファンに対するサービスが素晴らしかったそうです。

休憩時間中、客席の左端、右端に座っているファンに近づいてきて挨拶したのは

ジュンギ君だけだったそうですよhappy02

ホンマ、律義なエエ子や...ジュンギや!

いつ帰国するのかな?

無事に撮影してほしいですね。

イタリアにも行かなくちゃならないし、忙しいジュンギ君ですconfident







今日も良い一日をお過ごしください。

いつもありがとうございます。

謹賀新年

明けましておめでとうございますsun

6e5ba67e02246bb1279b987e6c9bb5cb

良い元旦をお迎えのことと存じます。

紅白が始まるまで大掃除に追われていた我が家ですがbearing

ようやく落ち着きました。

というか、なかなか終わりそうになくて、ホコリもゴミも、もう見ないふりよcoldsweats01

なんてったって、12月31日は忙しいんだから~smile

おせちは注文したけどお雑煮は作らなくてはならないので

元日はまったり過ごすためお野菜切ったり、下ごしらえしたりと、することがたくさん。

”紅白”に”笑ってはいけない”に”KBS演技大賞”も見なきゃならなしい...

演技大賞は録画して、他はチャンネルをあちこち変えて

我が家のリモコンも迷惑そうですcoldsweats01

紅白のみゆきさん、見ていてちょっとウルウルしました。

”麦は泣き、麦は咲き、明日へ育ってゆく”

エリー役のシャーロットさんが感極まって泣いていましたね。

Massan02

”マッサン” もちろんご覧になっていますよね?bleah

私もときどき視聴していますが、エリーちゃんが可愛くて健気で

いつも母の気持ちになって見ていますhappy02

そしてもう1人、初出場の薬師丸ひろ子さん。

歌はあの名曲”Woman “Wの悲劇”より”でした。

今度は私が感極まってしまいましたweep

昨日の紅白のものではありませんが...

”もう、愛せないと言うのなら、友達でもかまわないわ...

ああ、時の川を渡る船にオールはない、流されてく...”

もう30年も前の映画の挿入曲です。

今でも美しい旋律。







さてさてジュンギ君、受賞しましたね!おめでとう!shine

サンミちゃんとのカップル賞と、中編ドラマ優秀演技賞。

同じくサンミちゃんも優秀演技賞を受賞していますよhappy02

レッドカーペットの様子をゲルからお借りしました。

やっぱタキシードのジュンギ君はステキっhappy02heart02

3745436761_8fe8285c_downloadfile53551691689_1d575609_2014123119454012109087916_021d1a3a

カップル賞を受賞した2人もステキですheart04

1982443765_78502c1a_image

カップル賞ノミネートのインタビューで

サンミちゃんのこと何かゴニョゴニョと言ってましたよね(笑)

彼女は結婚するからとか何とか...

サンミちゃん、一般男性と今年2015年にめでたくゴールインするそうでbell

そのことを言っているのかな?

撮影でずっと一緒にいるのに、ジュンギ君とサンミちゃんの間に男女の愛は

芽生えなかったのが残念な様子でsmile

字幕ないから雰囲気だけだけど、ジュンギ君が可愛かったですよ。

ちょっとイチびってるというか、こんな表情も可愛いhappy02

2042553672_83f010c4
Web_2042553672_4356b22e

優秀演技賞に選ばれステージに上がるジュンギ君のほっぺを優しくなでる

父親役のチェ・ジェソンさんの手が、ジュンギ君の受賞を共に喜んでいますよね。

ジュンギ君の後ろにいるヘウォン役のチョン・ヘビンさんもとても嬉しそうconfident

Web_2042553672_d65f3bd3

余談ですが...

こちら↓は私の大好きな”ケヌクシ”のワンシーン。

このドラマでも共演したチェ・ジェソンさんことマオとジュンギ君演じるケイの

良いシーンでしたね。

Web_2106008018_74e7bb46

それでは優秀演技賞でのジュンギ君のコメントをどうぞhappy02

ウンウンとうなずきながらジュンギ君のコメントを聞いているチ・チャンウク君が

少し映っていますね。

人気賞を受賞したチャンウク君のコメントのときはジュンギ君が映っていて

とても嬉しそうに目を細めながら聞いていたジュンギ君が

なんだかすごくよかったですconfident

”ヒーロー”で共演したチャンウク君は今、ものすごく活躍していますが

ジュンギ君にとって後輩だけど良きライバルとなり、またいつか共演する日を

待ち遠しく待っている、そんな様子にも見えましたよ。

先輩からはいつも可愛がられるジュンギ君ですが

こうやって後輩の活躍も自分のことのように喜べるジュンギ君って

本当に素晴らしい人ですconfident

Web_662128176_c2c00069

みなさん、いつもありがとうございます。

良いお正月をお過ごしくださいね。

私にとって2015年こそは楽しい年にしたいです。

悲しかった2014年にさよならして...

みなさん、今年もどうぞよろしくお願いしますfuji

Photo

« 2014年12月 | トップページ

フォト
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

韓流大好き Ⅱ