旅行・地域

その他もろもろ

今回の渡韓では珍しく写真を撮ってきましたので

と言っても少しですが、ご紹介します。

雑な私の事、あまり期待しないでくださいね...coldsweats01

8月31日に仁川空港に到着。

そこからは宿泊地の春川までバスですbus

仁川から2時間少し。バスの運ちゃん、急いでいたのか

運転がとても荒っぽかったですわsweat01

途中のバス停から迷彩服を着た軍人さんと、いつもジュンギ君が着ているような

事務服でシャツの色がブルーの軍人さんが乗ってきました。

休暇でしょうか?

春川バスターミナルにつき、そこからさらにタクシーでホテルまで。

ホテル...んん?多分...いやきっと、以前はラブホたったのでしょうhappy02

そんな面影が十分残っていましたcoldsweats01

荷物を置き、腹ごしらえ。

春川といえば、”冬ソナ”のロケ地で有名ですよね。

私が韓流にはまったのは”冬ソナ”がきっかけでした。

もちろんお友達と”冬ソナツアー”に春川まで来ましたよ~

あ~懐かしや~happy02

お店が並んでいる通り、ここで”冬ソナ”の高校生だったチュンサンとユジンが

待ち合わせするのですが、チュンサンが交通事故にあってユジンが待ちぼうけ...

またこの事故シーン、ありえへんシュチュエーションでしたbleah

さて、春川といえば名物が”ダッカルビ”という鳥のカルビ料理です。

通りを横に入ると、”明洞ダッカルビ通り”という通りがあって

そこには多くのダッカルビ屋さんが立ち並んでいます。

その中から、お客さんがたくさん入っている店をチョイス。

2人前のダッカルビ

P1010168_r

ものすごい量でした。お店のアジュンマが時々見計らって炒めてくれました。

そして出来上がり

横のサンチェにダッカルビと、お好みでニンニク、たまねぎ、ミソを巻いて食べます。

美味しかった~restaurant

すごい量だったのに、いつの間にか全部食べてましたわwink

P1010170_r_8

その後は場所を変えてデザートcake

甘いものは別腹よねっbleah

これ何ていう名前だったかな...

結局バッピンスなんですけど、アズキと抹茶アイスの下には鬼のような氷...

サブかったわ~snow

P1010171_r

以上、美味しくいただきました。

その後、春川の地下街を散策。

大阪梅田の泉の広場っぽかったです。

噴水もどきのところから道が三叉路くらいに分かれて

ぶらぶらしていたら、韓国版”ダイソー”発見flair

1000ウォン、3000ウォン...だったかな?

台所タワシとかいろいろ雑貨を購入。何か買いたくなったしまった(笑)

さて翌日。

少し早めに着いたのですが、もうステージの準備に入ってました。

こちらは国軍ラジオのトラックnotes

P1010172_r

まだまだ時間があるので、会場から離れ、少し歩いた場所の

華川の繁華街(笑)へと繰り出しました。

フェスティバルがあるから繁華街(といっても、少し寂しい屋根のない商店街もどき)は

軍人さんだらけ。

みなさん、肩につけてる章には”이·기자”のワッペンをつけてましたよ。

私はよく知らないのですが、有名な軍人さんの部隊なのかしら?

さて、繁華街もどきをウロウロしていたら、ジュンギ君発見heart02

お店のアジョッシが”イ・ジュンギが好きなのか?”って。フフフwink

ポスターあるか聞いたけど、”オプソ~”って。

とにかく天気が良くて暑かったので、コンビニの中でお茶タイムcafe

若い兵士さんと、そのオンマが入ってきて、私たちの後ろの席でお茶タイム。

私は背中を向けていてので詳細わかりませんが、見ていた友人によると

”とにかくイチャイチャしてて、韓国の親子事情を知らなければ

若いツバメとしか思えない”(笑)と...

チゥkissmarkしそうな勢いだったそうな...

ドラマでも母と息子ってすごいラブラブで、お嫁さんは大変っていう内容が多いですよね

P1010173_r

いろいろとお店をひやかしながら会場まで戻り、お昼を食べました。

冷麺です。

私、韓国冷麺初めてhappy02

最初はこんな感じで小じんまりしてるんだけど、麺がとても長いので切って食べます。

ハサミももれなく付いてきます(笑)

切って食べて、切って食べて...なのに減らない...

味は甘酸っぱくて美味しかったけど、何せ量が多いので途中で飽きてくるsweat01

P1010174_r

お店を出てもまだまだ時間があるので、屋台で休憩。

トッポギなどをつまみながら...

どんだけ食べるねん(笑)

ここにも若い兵士さんとオンマが私の後ろの席に座って

イチャイチャ、ラブラブしていたそうですよbleah

またしても私は背中を向けていたので、現場確認できず(笑)

私ならきっとガン見してたかも(笑)

P1010175_r

その後、慰問列車が始まるため、席へと着きました~

以上で~すhappy01

では。

”今さらですが、ごめんなさ~い”コーナー

8月6日チュマム写真です。

80609

80617

80618

80619

80622

80623

80624_4

80627

1108061

110806s2

54356693fa2d994d1d02621b13f34ffb

1108062

1312674399_201108070848575016204001

1312674399_201108070849025016204001

249860954f25067e08244d33

ONE FOR ALL , ALL FOR ONE Ⅱ

さてさてソウル2日目です。

センパ会場に入るジュンギ君を入り待ちするのがミッションの今回の旅。

失敗はできません。先日tちゃんからも念入りな(笑)シュミレーション講義を受け(笑)

なんとしても成功しなければflair

ホテルを出た私たち、先日コンビニで購入したT-monyを

Tさんがどうしても使いたいって言ってたんだけど、

ホテルのオッチャンに駅の場所を聞いたらタクシーで行けと...

断ることも出来ず、急遽タクシーで行くことになりましたcoldsweats01

会場の大学があるシンチョンは学生街でカフェやお店が一杯のにぎやかな街です。

まずはカフェで腹ごしらえ...そしていざ、会場へ。

この日のジュンギ君との逢瀬(笑)については先日こちらで書きましたので、

少しはしょらせていただきますねcoldsweats01

寒い中ずっとジュンギ君を待っていた甲斐あり、会場入りするジュンギ君に会えました。

韓国ペンさん数名、日本ペンは私たちだけだったようですよhappy02

朝食後13時過ぎまでずっと外にいたため、体はすっかり冷え切りました。

暖かい昼食を取りに食堂へ。そしてMちゃんを見送るため再び会場へ。

その頃には会場の外にはたくさんの人たちが集まってました。

イルジメとコンギルもいました~(笑)

P1000641_rjpg

15時から席の抽選のため、みんなで会場入り。

そこでCさんとLさんに合流。Cさんは1月の撮影見学でお会いしたお姉さまで

Knさんたちと一緒に行くことを勧めてくださった方です。

Cさんと熱い抱擁(笑) その前の日曜日にも会ったばかりなのに...フフフッ

会場の中に入るも、受付はまだのようです。

P1000643_rjpg

なんとか中に入る方法はないものか....とみんなで知恵を絞りながら

Thinking time。

何の策も見つからないまま受付が始まり、Mちゃんは中に入っていきました。

Mちゃん、Cさん頼んだよぉぉ~。あなたたちが頼みの綱weep

受付の横にはジュンギ君のマネージャー、チョン・キョンス씨

P1000642_rjpg

彼女はジュンギ君ととっても仲が良いですよね。

とっても優しいマネージャーさんです。

さてイベントも始まり、どんなに頑張っても中に入れない私たちは

駅前のカフェに戻り、ジュンギ君の話、韓流の話、いろんな話で大盛り上がりです。

その間もMちゃんから会場内の報告あり、それを見て

Dunkin' Donutsで”ギャ~ギャ~”言っていた、イルボンアジュモニたちは私たちです。

店内にいたみなさん、当日は失礼しましたcoldsweats01

いろんな話をしているうちに、私の知っているお姉さまと、他のみなさんのお知り合いが

お友達ってことが判明。いやぁ~ジュンギの世界は狭いなぁ~と妙に感心しましたcoldsweats01

そろそろイベントも終わりに近づき、私たちも会場へ戻り出待ちの体制へ。

そこでお知り合いのSさんと会いました。Sさんもチケットがなく、入り待ち出待ち

のためにソウルに来たとのこと。入り待ちのときSさんがいなかったので

どうしてたの?って聞くと、ジュンギ君が会場前にヘアーサロンに行ってから来ると思い

ジュンギ君行き付けのサロン”이 가자 ”で張り込んでいたそうです。

待ってもジュンギ君が出てこず、代わりにヒョンビンが出てきたそうです。

Sさん曰く「ヒョンビンに会ってもねぇ...coldsweats01 別にねぇ...coldsweats01

なんと贅沢な話ではございませんか。ヒョンビンに会えるなんてhappy02

ま、しかしジュンギ君目的だから、確かにヒョンビンに会ってもね...という気持ち

わかりますわ~(笑)

だんだんと日が暮れてきました。会場からスタッフさんたちがセットや

ジュンギ君がこの日にもらったソンムルを運んでいます。

とにかくすっごいソンムルの数、数、数wobbly

ドアは写ってませんが、出入り口です。

P1000646_r

19時30分ころでしょうか。ついにジュンギ君がテレビカメラを従えて出てきました。

このときの私の写真down 情けない...面目ない...sweat01

P1000650_r

何かわからんでしょcoldsweats01

すんごい人で、ジュンギ君を見るのと、自分がこけないようにするのに必死でした。

ゲルからいただいた出待ちの様子。

この中のどっかに私たちはいると思いますcoldsweats01

1271721606vutk

20100419231447_63538878

20100419231447_635388781

自身の誕生日をたくさんのファンに祝ってもらって、ジュンギ君も嬉しかったことでしょう。

ジュンギ号は目の前に停まっているのに、なかなかたどり着けないcoldsweats01

人ごみを掻き分け、周りのファンに笑顔を振りまきながらようやくジュンギ号に乗り

たくさんのソンムルと一緒に、春風のように会場を後にしたジュンギ君。

私のことも幸せにしてくれて、정말로 고마워 sign03

さてその後、私は明洞でのミッションがあり、タクシーで明洞まで。

そのときのメンバーは私たち5名とCさんLさんコンビ、

会場で知り合ったアガシのCちゃんと総勢8名でゾロゾロト明洞をショッピングです。

私が持っているジュンギ君のボールペンが欲しいと、韓流グッズ屋さんへ。

このお店は誰でも知っている地下のお店です。

狭いお店のため、8名プラス店員の兄ちゃん姉ちゃんで、店内はごった返し(笑)

もう1軒、露店の韓流グッズ屋さんへ。ここの店はカゴに入った”イ・ジュンギセット”

なるものがありましたわ~(笑)しかもこの店の兄ちゃん、めっちゃくちゃジュンギ君に

ソックリなんです。

思わず「イ・ジュンギに似てるって言われるでしょ?」って聞いてしまいました。

すると兄ちゃん「たまに似ていると言われます」

私「もしかしてジュンギを意識してる?」

兄ちゃん「いえ、そんなことはありません...coldsweats02」 とオドオド...(笑)

みなさんのお買い物も済み、後は腹ごしらえです。

寒かったので暖かいモノをと、”サムゲタン”を食べに行こうと有名なお店へ。

目的のお店の向かい側に、私が昨年2月Mオンニたちと入った食堂の

”安東チムダック”がありました。いろんなメニューがあるので、”安東チムダック”へ。

”サムゲタン”と”チムダック”というこの店の名物鍋?すき焼き?を食べました。

너무 맛있다~~good 食べるのに夢中で写真オプソ...スミマセンcoldsweats01

この店でもよく食べ、よく飲み、よく喋り、よく笑い、店員さんも私たちの騒々しさに

ボー然としてましたわぁ(笑) 日本語がわかる店員さんで、私たちの話を聞いて

一緒に笑ってました...ガハハッ(笑)

すでに閉店の時間。まだまだ話足らず、このまま総勢8名で眠らない街、東大門へ。

食後のアルコールならぬ、食後のコーヒーで、まだまだお喋りは止まりませんhappy02

この店で、センパに参加したみなさんの写真やビデオをゆっくりと観ることができました。

特にアガシCちゃんはプロ級の腕前sign03 動画を撮ってましたが素晴らしいsign03

だけど...

本当によく笑った...お腹が痛くなるほど。

Tさんが、とっても可愛い天然さんで、Tさんと話をしているだけで

お腹がよじれるくらい笑えます。これマジですよ(笑)

笑って笑って、ここ数ヶ月間のイヤなことを吹き飛ばすくらい、笑いました。

きっと腹筋も鍛えられ、割れてると思うわ(笑)実際は三段腹のままですが(笑)

時間を忘れて過ごした仲間たち、気づけはもう夜中の1時coldsweats02

アガシCちゃんが翌日早い便で帰国、私たちも翌日夕方帰国前にお買い物の予定。

CさんLさんコンビは翌々日帰国で、名残惜しかったのですが解散となりました。

ホテルに着き、その日のお金の立替など精算をするため1階ロビーで

集まっていた私たち。夜中なのに1階ロビーには結構人がいました。

それを見たMちゃんが「明日ヒョンビンがあるから、みんな集まってるのかな?」

Mちゃん以外のみんなの頭の中は???だらけ。ヒョンビン?へっ?

すかさずリーダー的存在のKnさんが

「Mちゃん、ここ横浜とちゃうでぇ、ソウルやでぇ」とツッコミ(爆)

一同みな大爆笑。笑いながらエレベーターに乗り、私たちの部屋のある4階ボタンを

押したつもりで、そのままずっと喋り笑いながら、エレベーターが動いてなくて

1階の表示のまま。それを見てさらに全員大笑い。

今思えば何があんなに可笑しかったのでしょう。気分がHighになってたのでしょうね。

箸がこけてもおかしいとは、このことでしょうか...あら、もうそんな年齢でもないっsign02

ホントに珍道中とはこのことです。

それぞれの部屋に入り就寝。

しかしなかなか眠りにつけない私とKnさんは、Kさんを間に挟み

またまた大笑いし、喋くりまくってました。Kさん、うるさかったでしょっ、ごめんね...coldsweats01

今日はこの辺で。

私たちの濃い~旅のお話は、まだまだ続きますよ~

ONE FOR ALL , ALL FOR ONE Ⅰ

センパの写真もまだまだご紹介しきれてない状態ですがsweat01

ジュンギ君のセンイルを同じ空の下で過ごしたいという同志が集まった今回の

ソウル旅行。ボチボチとですがご報告いたしますね。

ことの始まりは...

いつもお世話になっているMさんからソウル行きをお誘いいただいたのですが

Mさんが都合悪く行けなくなりました。

それからというもの、もう私の気持ちはソウルに行くことばかりで

モンモンとしてました(笑)

4月17日、この世にジュンギ君が誕生したこの日に、

少しでもジュンギ君の近くにいたいと思い、一緒に行ってくださる人を探しました。

センパのチケットは手に入らないけど、会場に行って様子を感じたいと思ったし、

なぜかジュンギ君に会えるという確信がありました(笑)

参加できないMさんからの情報で

「1月撮影見学で一緒だったCさんとknさんは当日ソウルに行くらしいよ」とのこと。

さっそくCさんに連絡、Cさんはセンパチケットゲットでき、

おなじくゲットできた人と行くらしい。

「私たちが会場入りしてるときBちゃん一人よ?Knさんに連絡してみれば?」

とのこと。すぐさまKnさんに連絡「4人で行くけど一緒に行こう」と

お仲間に入れていただきました。

岡山からと大阪からの私を含む5名のツーリストたちairplane

まず関空で待ち合わせしたKnさん、Kさん、私。

Knさんは1月に撮影見学に行ったときにソウルで知り合った方ですので

「久しぶり~」とご挨拶。初めてお会いしたKさん、多分私よりオンニですが

とてもスレンダーな方で、いきなりジュンギ君話で盛り上がり~happy02

(別の話でも盛り上がり~(爆))

仁川空港着、ここで岡山からのTさん、Mちゃんと会いました。

ソウルではホテル、空港までの送迎をお願いしていたツアー会社から

スタッフのtちゃんがお迎えに来てくれてました。

桜がチラホラ咲き始めた風景を見ながらcherryblossomまずは江南のホテルへチェックイン。

次にランチへ。ジュンギ君も食べにきたことのある有名なブテチゲ屋さんに

行きました。tちゃん曰く「昼はブテチゲ、夜は焼肉。これ決まりね」...なんでやねん。

お店の名前は「이모가 있는 방 (オバチャンがいる部屋)」

住所、江南区ノヒョン2、113-121

お店の中はスターと一緒に写っているオバチャンの写真が壁一面に

貼られていました。

なぜかピの写真が多かったです。筋肉を見せ付けてましたよ(笑)

ジュンギ君はこちら。オバチャンのえじきにならず(笑)一人の写真です。

結構昔に来ていたようですよ。

写真の向かって右側に薄くサインが書かれてます。

P1000616_r

とても美味しかったです。

P1000618_r

満腹になったところで新事務所の”JG company”へ。

tちゃんが連れて行ってくれた場所がなんだか違う...coldsweats02

でもtちゃんは「役所のような登記所のようなとこで調べた」って。

Knさんが調べてきた住所や、みなさんの携帯にある写真をtちゃんに見せる。

抗議の嵐の中(笑)ナビに住所を入れ、”JG company”へレッツらGO~good

ようやく到着しました。とても閑静な住宅街。地下1階?地上4階建ての

とてもオシャレなビル一棟ごとが”JG company”の建物です。

P1000619_r

たまたま会った”JG company”のスタッフさんたち。

P1000621_rjpg

ビルの前にはジュンギ号が停まってましたよrvcar

写真を撮っていると、香港?ペンさんがやってきました。

そして別の日本ペンさんもぞくぞくとやってきました。

ジュンギ君人気、恐るべしっっsign03

その後”ヒーロー”のロケ地見学、そして翌日センパが行われる

延世大学に行き、会場の下見。

ここでtちゃんがシュミレーションをしてくれます。

「ジュンギがどこから来るか見極めなければならないよ。

ここで待ってても、あっちから行くかもしれないし、当日千人は待ってるからねwink

このシュミレーション、めっちゃ面白かった...。

すっかり日も暮れ、江南に戻ります。私たちの次の目的へ。

別のお店にジュンギ君が出没したという情報を頼りにtちゃに説明し連れて行って

もらいました。

ここでtちゃんとお別れ。tちゃんの、まるで自分がアイドルのような名刺が面白いです。

tちゃん、정말로 고마워요sign03

さて、そのお店は「CAFE de JURA」 江南区チョンダム101-7

P1000630_r

知り合いのペンさんが、たまたまこの店に入ったとき

この店の奥の席でジュンギを見たsign03 と教えていただき、写真もいただきました。

ニット帽を目深にかぶり、雰囲気は確かにジュンギ君そのものです。

店内に入りジュースを注文したそのお姉さんに写真を見せ

「この店にイ・ジュンギは来たか?」と質問するも

「来てない、知らない、わからない...」とのこと。

店内はとっても凝っていて、宮殿のようでしたわ。「マコスアダムス」みたいな感じ。

まだ夕食には早いので、ここから歩いて行ける「マコスアダムス」へ行きました。

特に何も買わず冷やかしでしたが、やっぱりここのお姉さんはとても感じがいいです。

書記ちゃんもここ、お勧めします。ピもよく利用しているらしいよ。

そしてtちゃんから教えらもらった「CAFE de JURA」近くの

豚肉のカルビ屋さんへ行く為、またまた徒歩で戻りました。

お店の名前忘れました...ミアネヨ~coldsweats01

P1000631_r

すごく美味しかったです。とっても量が多く、リーズナブルで満足、満腹happy02

店員のお兄さんも良い人で、私たちの(私の?)ワガママに付き合ってくれ

言葉もままならない私たちのお世話をしてくれました。

兄ちゃん、정말로 고마워요sign03

この時点で5人はすっかり仲間となった...と私は勝手に思ってますがcoldsweats01

ホントに楽しい楽しい夕食でした。その後ホテルに戻り就寝。

この日は良く歩き、よく食べ、よく喋りました。

そうそう、「CAFE de JURA」でのジュンギ君目撃情報ですが

翌日Knさんに連絡が入り、ジュンギ君ではなかったそうです。

じゃ、あれは誰だったのsign02 その人の名は...チョン・イルだって...

なんとイルジメ違いだわっっ(爆)

では続きはまた...

フォト
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

韓流大好き Ⅱ